ピラティス資格

睡眠とピラティス

 

こんばんは!アランチャ高田です。

さて、本日は睡眠についてです。
先日、「夜眠りにくい方におすすめできる呼吸などはありますか。知人がなかなか眠れないみたいなんです。」というご質問をいただきました。
 
その方は、現在お怪我で療養中とのこと。
確かにそんな時は積極的な運動も、生活にメリハリをつくることもなかなか難しいですね。
 
穏やかな入眠には、副交感神経が優位になっていくことが必要となるのですが、
自律神経は自分の意志でコントロールすることはできません。
けれども、自分の身体や呼吸を介してバランスを整えることはできます!
 
自律神経は、
・交感神経は胸部や腰部から
・副交感神経は頸部や仙骨のエリアから
それぞれ出発して各臓器へとリンクしていきます。
 
となると、入眠の際に頸部や骨盤帯をやさしく整えていけるプレピラティスなどが眠りへの効果がありそうですね。
(Not a HeadやPelvic Articulationなど)
 
🍊頭やお尻の下にクッションや柔らかいボールなどを置き、優しく身体を預けるようにして頭(首)や骨盤をゆらゆら緩めるように揺らすだけでもいいかもしれません。
 
それから、
脊柱を
・伸展(反る方向)すると交感神経
・屈曲(まるめる方向)すると副交感神経
 
呼吸は
・吸う呼吸で交感神経
・吐く呼吸で副交感神経
が優位となります。
 
🍊枕などを使ってお身体が優しく丸まれる姿勢を取り、ゆったり吐くことに意識を置いて呼吸していくこともよいのではないでしょうか。


それから、緊張(交感神経優位)を解くという観点でいうと、
🍊全身の皮膚をさするなどして固有需要感覚を促すと安心やリラックスを生み出すことができます。
 
 

また、ホルモンの分泌も睡眠に大きく影響しています。
 
睡眠を促すホルモンの「メラトニン」は幸せホルモンとして知られる「セロトニン」が材料。
このセロトニンの多くは腸に存在します。
 
腸内環境を整えるには、まず食事や心のパランスが一番!

ですが、呼吸やピラティスで横隔膜や大腰筋の運動を促すことでも腸への間接的な刺激が期待できます。
 
🍊横隔膜の大きな弛緩収縮が期待できる腹式呼吸、ぜひ取り入れてみてください。
赤ちゃんがスヤスヤ眠っているときに風船のようにふわ~とお腹が膨らんだりへこんだりしているあのイメージです(笑)
 
 
🍊腹式呼吸がうまくいかない場合はいくつか原因が考えられますが、
・腹壁をやさしくマッサージしたり
・大腰筋(鼠径部のあたり)のストレッチ
・キャットポジション(背中を丸めた姿勢)での呼吸
などが有効な場合が多いです。
 
 
最後に、、、
人は本来、約一日の周期で活動するリズムを持っています。

上記のような呼吸やピラティスも助にはなりますが、
そもそもの体内時計をリセットするということがまず第一ですね。
 
体内時計を正常に機能させるには、栄養、そして毎朝日光をあびることがとても大切なんです。
 
🍊先ほどもでてきた、睡眠を促すホルモンである「メラトニン」は、日光を浴びてから14-15時間後くらいに分泌が増加するといわれていますので、
しっかりと朝のうちに日光を浴びることで、自然な夜の入眠が促されるというわけです。

お散歩などが難しくても、カーテンをあけてしっかり日の光を浴びれるよよいですね。
 
 
🍊補足ですが、ご自身のルーチンのような「これをすると決まって眠くなるんだよね~」という、” ご自身あるあるネタ ” を持っておくこともよいそうですよ!

お約束の音楽、アロマ、羊のカウント、、、
 
ちなみに、我が家の娘は不得意な算数の宿題をはじめると1分もたたないうちに目がとろんとしてきますね(笑)
 
脳が睡眠スイッチプログラムとして認識するよう、お約束を定着させていくとよいそうです!
(算数が睡眠スイッチじゃ困りますが💦笑)
 
 
簡単ではありますが、
何か実践できそうなものがあればぜひトライしてみてください。
 
また、呼吸やプレピラティスについてのレクチャーをご希望の方は、
スタジオにてご紹介させていただきますのでぜひ足をお運びいただければ幸いです✨

【お問い合わせ】
アランチャ ピラティス スタジオ
mail@arancia78.jp
03-6416-1882

資格コーススケジュール

アランチャ高田です。

本日はマット&マシン指導者資格コース、最新スケジュールのご案内です。
マットは最大6名さままで、マシンはどのコースも2名さままでの少人数制で行っております。

🍊マットピラティスコース
・水曜クラス3月3日(水)~5月26日(水)
水曜10:15-12:45
2.5時間×13回
・土曜クラス3月6日(土)~5月29日(土)
土曜18:00-20:30
2.5時間×13回
187,000円

🍊マシン(リフォーマー&トラペツ)コース
3月7日(日)~5月9日(日)残1
毎週日曜9:15-11:45
2.5時間×9回
286,000円

🍊チェアコース
・火曜クラス残1
3月9,16,23,30日(火)13:30-16:00
・金曜クラスNew
4月16,23,30,5月7日(金)
10:15-12:45
2.5時間×4回
132,000円

🍊スパインコレクターコース
2月9,16日(火)残1→満席になりました
13:00-16:00
3時間×2回
77,000円

🍊ラダーバレルコース
2月21,28日(日)9:15-11:45
2.5時間×2回
66,000円


詳細はこちらのHPでもご覧いただけます。

また、マンツーマンでの体験レッスン(60分レッスン+15分コースご説明など/5500円)も随時ご予約承っております。
ぜひお気軽にお問合せくださいませ。

【お問い合わせ】
アランチャ ピラティス スタジオ
mail@arancia78.jp
03-6416-1882

ラダーバレル

こんばんは!arancia高田です。

さて、本日の記事はラダーバレルというピラティスの器具について。

ジョセフピラティス氏が酒樽からインスピレーションをうけて作ったとされているラダーバレル。
バレル(樽)を横に寝かせたようなアーチ状の部分と、ラダー(はしご)の部分が一体となり、脊柱をあらゆる方向に導いてくれたり、四肢と体幹とのつながりを促してくれたり。
どのアパレイタスも本当に面白いですが、これまた唯一無二のフィードバックをもらえる素晴らしい発明だなと思います。

屈曲・伸展・回旋・側屈どれをとっても脊柱の動きを丁寧に誘導してくれ、特に側屈に関しては他のどの器具よりも一番効果を出しやすいと感じます。
 
ラダーバレルを使うことにより、マット、リフォーマー、タワー、チェア、スパインコレクターなどで、すでに行ったことのあるムーブメントも、より丁寧なフィードバックの中で取り組めたり、別の角度から深めることができます。  

また、様々な方向で重力を感じていくことができるラダーバレルならではのムーブメントは、全身の血流を大きく促すのにとても効果的です。  

元々ラダーバレルは何かうまくいかないムーブメントがあった時に使用するよう、補助器具として開発されたのだそうですが、そのようなことだったとは思いもよらないくらいオールマイティな器具。  
十分に一台で全身くまなくワークしていくことができます。

また
何をしてもすぐ四頭筋に力が入ってしまう、、、
腹筋をしているはずなのに腰がいたい、、、
エロンゲーションを感じたいけれど感じにくい、、、
左右差の原因をさぐりたい、、、
などなど、様々な課題に向き合うこともできます。  

私自身、ラダーバレルを通して新たな発見がたくさんありましたし、まだまだピラティス道は進み甲斐があるなぁとワクワクしております!  
ぜひたくさんのみなさまにトライしてみていただきたいです!
ご興味のある方はぜひお気軽にお声掛けくださいませ。  

なお、次回のラダーバレル資格コースは
2021年1月8,15日(金)
14:00-16:30
2.5時間×2回=5時
66,000円  

現在残席1名様です。

マットの資格をお持ちであればどなたでもご参加いただけます。
少人数クラスですのでお一人お一人に丁寧に向き合ってまいります。
みなさまからのご希望、心よりお待ちしております。

【お問い合わせ】
アランチャ ピラティス スタジオ
mail@arancia78.jp
03-6416-1882

Pilates Chair

こんにちは!
アランチャ高田です。
さて、今月は毎週火曜にピラティスチェアトレーニングコースが行われています。

チェアとはジョセフピラティス氏が椅子を改良して作ったピラティスイクイップメントの一つ。

ニューヨークの小さなアパートメントに住むクライアントにも自宅でエクササイズが可能になるように開発されたといわれています。

こちらは実際にジョセフ氏が特許を取った時に描いたの図面とのこと。

また、こちらの映像もとても興味深く、ジョセフ氏の発想力の豊かさを感じざるをえませんね。

ジョセフ氏は、開発にあたり、「より快適でリラックスでき、かつより良い姿勢で座ることのできる椅子、さらにはそれがエクササイズデバイスとしても利用できる椅子を開発することが目的だ」と述べていたそうです。

また、一説には小さな台の上でパフォーマンスをするサーカスのようなショーをみたときにインスピレーションをうけてチェアを開発したともいわれています。

実際、狭い座面の上でバランスをとりながら行うエクササイズやハンドルにつかまって体をうかせるようなエクササイズもあります。

いずれにしてもベッド型の大きなイクイップメントに比べ省スペースでエクササイズが可能。しかも座位や立位でのエクササイズが豊富なため、より日常の動きにリンクしやすいエクササイズができることもその特徴の一つです。

繊細な調整からダイナミックな強化のワークまで実にレパートリーが豊かなピラティスチェア。

アランチャでもご高齢の方からアスリートまで幅広いお客様に使っていただいています。

ご興味のある方はぜひお気軽にスタッフまでお声かけいただければと思います。

 

 

また、10月以降のトレーニングコーススケジュールはこちらです。
☆10月コース
10月4,11,18,25日(日)
日曜9:15-11:45

☆2021年1月コース
1月10,17,24,31日(日)
日曜9:15-11:45

※コース情報はこちらよりご覧いただけます。

【お問い合わせ】
アランチャ ピラティス スタジオ
mail@arancia78.jp
03-6416-1882

マットピラティス教科書復習セミナー

さて、本日はマットピラティス教科書復習セミナーの詳細をご案内させていただきます!ぜひご受講の参考にしてください^^
資格更新制度については、一番下に記載いたします。

 

  • 10月8日(木)8:00-10:00

コア・ローリング系ムーブメント

Head roll upをはじめとして、クラシカルピラティスのHundredなどのコアワーク。Rolling like a ball などのコロコロ転がるムーブメントの復習を行っていきます。復習をした方はもちろん、これらのムーブメントが苦手な方、クライアントさまへのアプローチなど知りたい方、ぜひご参加くださいませ。

 

  • 10月18日(日)16:30-18:30

コア・ローリング系ムーブメント

Head roll upをはじめとして、クラシカルピラティスのHundredなどのコアワーク。Rolling like a ball などのコロコロ転がるムーブメントの復習を行っていきます。復習をした方はもちろん、これらのムーブメントが苦手な方、クライアントさまへのアプローチなど知りたい方、ぜひご参加くださいませ。

 

  • 9月15日(火)8:00-10:00【残席2】/10月28日(水)8:00-10:00

バック系ムーブメント

Back extension,Swanなどのうつ伏せのムーブメントの復習をしていきます。バック系ムーブメントですと、股関節・背骨の伸展がとても重要なポイントとなります。ムーブメントの復習はもちろんですが、伸展がでやすくなるようなアプローチ方法などもご案内いたします。

 

  • 9月17日(木)8:00-10:00【残席2】/10月30日(金)8:00-10:00

サイド系ムーブメント

Banana,Side bent, Side kicksシリーズなど、横向きのムーブメントを復習していきます。サイド系ムーブメントは股関節の安定と可動、腹斜筋から四肢への繋がりがとても重要になります。ムーブメントを復習しながら、全身のつながりを感じていきましょう。

 

  • 9月30日(水)8:00-10:00【残席3】/11月6日(金)8:00-10:00

スパイン系ムーブメント

Spine stretch, Sawなどの座位で背骨を動かしていくムーブメントを復習していきます。座った状態ですと、股関節の安定からの背骨の動きがとても大切となります。すごくシンプルなムーブメントですが、伝えるのが難しいのがこのスパイン系のムーブメント。少しでもクライアントさまに伝えるコツをつかんでいただければと思います!

 

※資格更新とは※
BESJマットピラティス資格生のみなさまは年度内に1つセミナーをご受講いただき、更新していただく必要がございます。
今年度は新型コロナの影響で、2019年度の更新がまだの方も、2021年3月までに2019年度分のセミナーを1つご受講いただければ、更新継続とさせていただきます。
なかなか例年通りにはいかない毎日とは思いますが、なるべく早めのご受講をお願いいたします。
プライベートレッスンでの更新も可能です。
⇒mail@arancia78.jpまで
資格についてなにかございましたら、以下までご連絡くださいませ。
⇒info-tokyo@body-element.org

資格更新の方も、教科書復習したい方も、ムーブメントを深めたい方も、お待ちしております!

どうぞよろしくお願いいたします。

 

【お問い合わせ】
アランチャ ピラティス スタジオ
mail@arancia78.jp
03-6416-1882

マシンピラティス「教科書復習セミナー」

こんにちは!

渋谷・中目黒・代官山
ピラティス・マスターストレッチ
スタジオアランチャの花子です

セミナー詳細案内シリーズラストとなります!
連投失礼いたしました。

最後にマシン(リフォーマー/タワー)ピラティス資格のセミナーについてご案内させていただきます!
教科書復習セミナーにつきましては、通常の4名のセミナーとは異なり約6名くらいで行っていきます。

ムーブメントを深めていくこともするのですが、
・呼吸や動きの確認
・教科書の復習がしたい
・マシンに触る機会があまりない
という方が対象となります。

以下スケジュールと詳細となります。
ぜひ参考にしていただければと思います!

2020年9月25日(金)8:00-10:00「胸郭・肩甲帯編」【残席4】
胸郭・肩甲帯にフォーカスをしたムーブメントを教科書から復習していきます。胸郭・肩甲帯は動きを出すのはもちろん、安定をさせていくことも大切です。
ムーブメントの復習やリフォーマーに触れる機会にしていただくのはもちろん、レッスンメニューの組み方やムーブメントを深めていく参考にしていただければと思います。

 

2020年10月16日(金)8:00-10:00「コア編」【NEW】
コアワークというと、「腹筋がつらい」というイメージがあるかもしれません。腹筋を使うことによって余分な四肢や首への負担が原因なこともあります。
リフォーマー/タワーを用いることで、関節がスムーズに動き、無理なくコアワークを行う流れの感覚を得ることができます。教科書を復習していくことで、コアワークを深めていきましょう。

 

2020年10月21日(水)8:00-10:00「脊柱編」【NEW】
マシンを用いて、脊柱を、屈曲・伸展・回旋・側屈といろんな方向に動かしていきましょう。背骨の動きをだすのには、ムーブメントの順番も大切になってきます。ムーブメントを深めつつ、レッスンの組み方の参考になればと思います。

 

 

※資格更新とは※
BESJマシン(リフォーマー/タワー)ピラティス資格生のみなさまは年度内に1つセミナーをご受講いただき、更新していただく必要がございます。
今年度は新型コロナの影響で、2019年度の更新がまだの方も、2021年3月までに2019年度分のセミナーを1つご受講いただければ、更新継続とさせていただきます。
なかなか例年通りにはいかない毎日とは思いますが、なるべく早めのご受講をお願いいたします。
プライベートレッスンでの更新も可能です。
⇒mail@arancia78.jpまで
資格についてなにかございましたら、以下までご連絡くださいませ。
⇒info-tokyo@body-element.org

資格更新の方も、教科書復習したい方も、ムーブメントを深めたい方も、お待ちしております!

 

花子

【お問い合わせ】
アランチャ ピラティス スタジオ
mail@arancia78.jp
03-6416-1882

熱中症を防ぐには

こんにちは。

渋谷・代官山・中目黒
ピラティス・マスターストレッチ・ボディキー
スタジオアランチャの花子です

毎日暑いですね。

みなさん、お身体の調子はいかがですか?

毎日危険な暑さで、少し外に出るのが億劫ですよね。

熱中症を防ぐには、外に出る際に、
日傘・帽子などで直射日光を防ぎ、
水分をこまめにとり、周辺をみてマスクをはずしての休憩や、涼むのはとても大切です。

「外に出る際に」特に注意しがちですが、
実は、普段の生活もとっても大切なのです。

中でも睡眠はとても大切です。
熱中症で倒れてしまう方は、睡眠不足や偏った食事など、普段の生活習慣が乱れている方に多いようです。

なかなか寝苦しい毎夜ですが、エアコンや扇風機をうまくつかって、いつもより少し長めの睡眠時間をとることをお勧めします。

太い血管のある、首の後ろ・わきの下・足の付け根などを冷やすと、冷やされた血液が循環するので、身体の熱を少し冷ましてくれます。
顔に扇風機の風を当てるのもとても気持ちがいいですが(よくやっちゃう。あとスカートのなか。(笑))、冷たいタオルなどを、先程の部位にあててみると、少しは眠りやすくなるのでやってみてください^^

また、いつも以上に食事のバランスに気を付けてみるとよさそうですよね。
旬な夏野菜を使ったカレーなんて、最高です^^あと、私は、身体をむやみに冷やさないよう、スープやお味噌汁などは必ず飲むように心がけています。

極端な身体の冷えも、身体の循環を悪くし、せっかくとった栄養も身体を巡らなくなってしまいます。

『水分をとり、身体を動かして循環を良くする。』
そのためには、ピラティスがばっちりですね^^

呼吸も循環にはとても重要な役割を果たしています。
ピラティスと呼吸はセットです。
もっと学びたいという方は、ぜひプライベートレッスンや、資格コースでお待ちしております。

 

今日からマットピラティス短期コースがスタートいたしました!
写真だと狭く見えてしまいますが、十分な距離をとり、扉は開けっ放しで、行っています。

2020年夏のピラティス資格コース、みなさまどんな5日間になるのでしょうか。楽しみです!

今年は秋にも短期コースを行います。
他コースも4~6人という少人数で行っておりますので、ご検討中の方はお気軽にご連絡くださいませ。

資格コーススケジュール

mail@arancia78.jp
0364161882

それでは、みなさん、暑さに気を付けつつ、夏を楽しみましょう^^

花子

【お問い合わせ】
アランチャ ピラティス スタジオ
mail@arancia78.jp
03-6416-1882

運動量を可視化する

こんにちは!

トレーニングスタジオ アランチャの元木です。

皆さんは普段のどれくらい運動をしていますか?

健康を保つためには自身の運動量を把握する必要があります。

今日は『運動量』について書いていきます。

リモートワークによる運動量の減少


都内ではリモートワークをする会社も増えていると思います。

リモートワークで起きてくる問題点として『運動量が減る』ということ。

通勤時間がなくなることで、仕事の日の唯一の運動時間がなくなってしまう方もいるのではないでしょうか?

満員電車に乗らないことはストレスが減りますが、運動量が減るという問題が出てきます。

これから先もっとテクノロジーの進化が起きることは間違いありません。

生活が便利になることは運動量が減ることと表裏一体と言ってもいいかもしれません。

運動量を可視化する

運動量が減ったことは自覚できますが、具体的にどれくらい動いていないかは感覚だけではわかりません。

一番わかりやすいのは《運動量を可視化する》こと。

ウェアラブルデバイスを使うことで可視化できます。

まずは正確な消費カロリーよりも「今週は動いていないなぁ」「今日はたくさん動いた」など運動量を気にする習慣が大切です。


運動量を可視化して良い運動習慣に繋げましょう。

【お問い合わせ】
アランチャ ピラティス スタジオ
mail@arancia78.jp
03-6416-1882

パラセッター®とピラティス

おはようございます!アランチャ高田です。
今日も湿度が高くかなり汗ばむ気温でしたね💦

さて、昨日は『パラセッター®とピラティス』セミナーを開催いたしました。

パラセッターとは
New York City BalletのチーフフィジカルセラピストであるMarika Molnar氏とPhysical Mind Institute NYCにより開発されたコンディショニングツール。
副交感神経 (Parasympathetic Nervous System)が名前の由来で、二つの山の溝に背骨の突起部分がフィットすることで、心地よく身体がリリースされます。
また、深く機能的な呼吸が促されることより、頭蓋から骨盤まで適切なポジションでの運動が可能となります。
更に、適度な不安定要素が、左右差へのアプローチ、コアの強化、四肢のコントロール力アップなどにも効果的です。
また、首のポジションを調整する枕や、胸郭のガイドとなるバンドが付属されており、こちらはセルフメンテナンスの際の有効なガイドとなります。
素材は柔らかく、とても軽いため持ち歩きも可能なツールです。

セミナーでは、テキストに沿って
・呼吸パート(リリース)
・プレピラティス
・バランスワーク
・コアコントロール
・ピラティスパート
などをしっかりと体感しながら進めていきます。

仰向けが基本の使い方になりますが、その他にもうつ伏せ、横向き、膝立ち、座位、立位などなどバリエーションは実に豊で
リリース→調整→強化
の全てがかなう優秀なツール。
アランチャのレッスンでもお客様からもトレーナーからもとても人気が高いです。

セミナーは
・ファンダメンタル
・バリエーション1
・バリエーション2
の3講座。
ピラティスなどのボディワーカーの方、トレーナーさんが対象となります。
※次回は7月下旬の開催を予定しております。

ご興味がある方は、いつでもご体験いただけますので、ぜひお気軽にお問合せくださいませ。

スタジオアランチャ
mail@arancia78.jp

【お問い合わせ】
アランチャ ピラティス スタジオ
mail@arancia78.jp
03-6416-1882

マスターストレッチフロアワーク

こんにちは!アランチャ高田です。

さて、先日のマスターストレッチlevel1資格コースに続き、level2のコースを開催いたしました。

マスターストレッチは立位のワークのイメージが強いかもしれませんが、Level2のコースではじっくりとフロアワークを行っていきます。

片足2キロの靴の重みを、体幹、股関節、足でしっかりとコントロール。
柔軟性を高めるだけではなく、可動を制御する強さが同時に求められます。
しなやかな動きを実現するには、土台となる強さ作りが大切なのですね。

一部、床に足をつけたムーブメントはありますが、ほとんどが足が地面をつけずに(オープンチェーンで)行っていくため、より自分で積極的にコントロールしていくことが要求されます。
ですから、体幹はもちろんなのですが、足関節のコントロールにもたくさんの刺激が入ります。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、靴、リビング

また、マスターストレッチを履いてピラティスを行うことで、普段のマットワークがよりクリアに感じられるところもこのフロアワークの面白いところです!

ぜひぜひたくさんの方にご体験いただきたいです。
マンツーマンでの体験レッスンを随時承っております。

また、アランチャでは週末にグループレッスンもございます。
現在クラスの数を減らし、かつ少人数様で行っております。
こちらも合わせてご検討くださいませ。

『ピラティス&マスターストレッチグループレッスン 』
【スケジュール】
土曜10:30-11:30
日曜13:30-14:30

【金額】
会員さま 3,300円 OR 3ポイント
非会員さま 3,450円

たくさんのみなさまのお越しをお待ちしております!

スタジオアランチャ
mail@arancia78.jp





【お問い合わせ】
アランチャ ピラティス スタジオ
mail@arancia78.jp
03-6416-1882