RECENT POSTS

産前のピラティスと身体

こんにちは。アランチャ高田です。
先週今週と2週にわたり、『産前の身体とピラティス』セミナーが開催されました。

妊娠をすると身体には様々な変化がおこります。
お腹が重くなることによる姿勢の変化、そしてホルモンによる影響や、内臓の変化などなど。セミナーでは、どういった身体の変化がおこっているのかを様々な角度から知り、より快適なマタニティライフや分娩のために、私達トレーナーができることを学んでいきました。

ママの姿勢(背骨や骨盤のアライメント)の状態は、お腹の中の赤ちゃんにも影響しています。ママの体調だけでなく、まんまるでスペースも栄養補給も快適なお部屋で赤ちゃんが過ごせること、とても大切ですね。

また、特に妊娠の後期は腹式呼吸がしにくい状況になってきますので、自律神経への影響なども。

呼吸やプレピラティスで心も身体も丁寧に調整していくことは妊娠中のワークとしてとても有効になります。

また、妊娠中は赤ちゃんの重みで、骨盤底はとても大きな負荷がかかっています。鍛えるという視点というより、リラックスしたり、ストレッチしたりしてより機能しやすい状態にしておくことが産前、分娩時、産後すべてにおいて大切となります。

また、重心が変化することにより股関節の前や足の横が疲労しやすかったり、足も前重心(常に足関節底屈気味)になるなど、バランスをとったりいい姿勢を保持すること(抗重力運動)が難しくなってきます。
身体をリリースしたのちは、姿勢保持のためのトレーニングなどをしていくこともとても有効です。

来週からの2週は『産後の身体とピラティス』を学んでいきます。
またこちらでもレポートさせていただきます!


アランチャでは、産前産後のケアレッスンも随時承っております。
ご興味のある方はぜひお気軽に体験レッスンにお越しくださいませ。

【お問合せ】
スタジオアランチャ
mail@arancia78.jp




Flex Ring Toner

こんばんは!アランチャ高田です。
先週、今週と2週にわたり、『Flex Ring Toner』のトレーニングコースを開催いたしました。

『Flex Ring Toner』とはいわゆるピラティスリングの一種なのですが、
よく出回っているリングに比べ、重さが1.5キロと少し重く、
素材はSpring Steel(ばね鋼)にゴムのコーティングがされたもので、
リングのトーンがダイレクトに身体に伝わってくる感触のデザインになっています。

と書くと、あたかも新しくデザインされたかように聞こえますが、、、
実はもともとジョセフ・ピラティス氏が使っていたオリジナルのリングをベースにデザインしたものだそう。いわば復刻版のような感じでしょうか?(ただし、当時はコーティングはなく中の素材がむきだしだったそうです。)


また、監修は私達BESJでも何度か学ばせていただいたことのあるエリザベスラーカン先生。
ラーカン先生は、BESJのルーツでもあるイブジェントリー先生ともつながりが深く、また繊細で解剖学に基づいた独自のメソッドを展開。PMAでもご活躍のピラティス界でも大きな影響力を持つ先生です。

さて、リングと言うと、とにかく内転筋やお尻の強化!!!!!
といったイメージがあるかもしれませんが(笑)、
このコースでは、イブ(ミシェル・ラーカン)のコンセプトでもある呼吸やプレピラティスのバリエーションも多くご紹介しています。こんな風に繊細にリングを使うことができるのですねと驚かれる方も多いです。
また、ダイナミックなムーブメントも、単なる強化だけが目的なのではなく、全身をどのようにコーディネートし、どのようなコネクションで、どのような身体のトーンを出していけばよいかに注目しながら進めていきます。

また、リングの重みが負荷になる場合も、逆に重心変化をもたらすことで動きのガイドになる場合もあり、その辺りのフィードバックもこのFlex Ring Tonerの面白いところだと思います。


ムーブメントの種類自体は、マットピラティスの教科書にあるスタンダードなものがほとんどなのですが、だからこそクイックにマットコースを総復習することもでき(全5時間)、そしてピラティスのご理解を一歩踏み込んでしっかりと深めることができるとってもオススメのコースです。

リング自体持ち運びも簡単で、感覚刺激を入れやすいため、パーソナルでもグループでも導入しやすいアイテム。クライアントさんからもトレーナーさんからもどちらからも人気がある印象です。

また近々コースも開催していきたいと思っていますので、ぜひご希望などございましたらお気軽にお声かけくださいませ。

もちろんレッスンでも頻繁に使っていますので、ご興味がございましたらレッスンの際にリクエストいただけたらと思います。

スタジオアランチャ
mail@arancia78.jp

各種資格コース最新スケジュールはこちらからご覧いただけます。

バレリーナのための身体作りレッスン

おはようございます。アランチャ高田です。
さて、以前こちらの記事でもご紹介させていただいた世界的バレリーナの石井久美子さん。
今日は、久美子さんと、アランチャ代表菅原トレーナーとの
ダブル講師特別オンラインレッスンの様子をレポートさせていただきます。

『バレリーナのための身体作り~立つ前にやるべきトレーニング~』。
菅原のトレーナー&アスリート目線でのトレーニング、
そしてそのトレーニングをどう踊りにつなげるかというバレリーナ目線での久美子さんの考え方
この二つが同時に学べてしまう貴重なレッスン!

昨日開催されたレッスンでは、

【1】コンディショニング(調整)
    ↓
【2】ストレングス(強化)
    ↓
【3】スキル(踊る)

を全て網羅!

まずは【1】の調整。
股関節、足首、そして背骨も含めた丁寧な調整メニューでは、
バレリーナさんのイメージとは真逆の?!
股関節の内旋や、足のフレックスにも注目されていました。
(バレリーナさんはとにかく外旋してポイント!のイメージがあります💦)
レッスン前は動きにつまりや痛みがあった方も、丁寧に調整していく中で、スムースで安定感が増したことを実感され、とても驚いていらっしゃいました。

そして【2】の強化。
これキツカッターーーーーー!(笑)
臀筋群やハムストリングスのトレーニングに加え、
上肢のトレーニングも多く組み込まれていたことが印象的でした。
バレリーナさんは手を床につくことなどほぼないかもしれないのですが、
この力こそが、全身にエネルギーの通った強くしなやかな踊りを支ているのだということをたくさん教えていただきました。

菅原の追い込みは本当に容赦ないのですが(笑)、
これまたキューイングが絶妙なタイミングで絶妙な繊細さなんです、、、
そこに加えて久美子さんも矢継ぎ早に、ポイントを押さえたアドバイス!

私事で恐縮ですが、四つ這いの股関節トレーニングで、プランクばりの腹筋崩壊を感じることができました!(笑)

若干わかりにくくて申し訳ありません。。。
つまりは全身をトータルで使えたと言いますか、
体幹の安定により股関節や肩の機能が増すことを感じられた瞬間でした。

そして、、、久美子さんの限界を超えていく姿がすさまじかったです!
優雅に踊る舞台上の芸術家としての久美子さんの裏には、アスリートとしての努力が確実に存在する。これだからプロなんだ、、、と痛感いたしました。

追い込みトレーニング後の久美子さん、、、↑

【3】の踊りのスキルについても、レッスンの中で随所に久美子さんからの解説が入ります!!!なぜそのトレーニングが必要かということが理解でき、その先のスキルがイメージできるとよりトレーニングの効果も増していきますね。
昨日はレッスンの最後にピルエットを実際に回ってトレーニングの効果を確認されていました。いつよりも安定していたり、スムースだったり、感覚が違ったことを実感された声がチャットを通してたくさんあがっておりました!!!

それから、お二人のトークはとにかく視野が広い!
専門的なトレーニングスキル、解剖学、バレエスキル、アーティストとしての振舞い、そしてバレエ以外のバスケ、陸上、アメフトといったスポーツについてなどなど多岐にわたるトークからも、たくさんのことを教えていただいています。

対象は、プロのバレリーナさん、プロを目指している方とさせていただいておりますが、真剣にダンスや競技に向きあっている方や講師をされている方もご参加いただけます。

基本的には日曜17:00~18:15に開催予定ですので、ご興味のある方はぜひお気軽にお問合せくださいませ。
久美子さん、菅原、アランチャのInstagramにて随時発信しております。
@kumiishii
@jinzisugahara
@arancia_masterstretch


また、スタジオでのトレーニングにご興味がある方は、随時マンツーマンでの体験レッスンも承っております。
何かご不明点などございましたらいつでもお気軽にお問合せくださいませ。
ご連絡お待ちしております。

スタジオアランチャ
mail@arancia78.jp