【営業時間変更のお知らせ】

いつもご愛顧賜り誠にありがとうございます。
2020年7月1日より下記の通り営業時間を変更させていただきます。

平日・土日祝共に 9:00ー19:00
月曜日定休

マスターストレッチ

マスターストレッチとは

マスターストレッチの歴史と背景

マスタ―ストレッチは、1996年、イタリア・フィレンツェに住む、ピノ・カルボーネ氏によって作られました。
きっかけは、友人である、Mr.Filippo Gucci(グッチ家)がポロのゲーム中に落馬し、足首を骨折してしまいました。そのリハビリのために開発されました。
ピノ・カルボーネ氏は、フィンランド・アメリカ・カナダで活躍したプロバレエダンサーでした。身体の使い方を学ぶために様々な運動療法を学び、ジャイロトニックメソッド創始者メンバーの一人として、活躍しました。特にイクイップメントの開発構築に携わりました。
20年以上、プロアスリートやプロダンサー、またリハビリの現場で、研究・観察を行った経験をもとに、マスタ―ストレッチは開発され、発展してきました。
現在では、BodyCodeSystemの創設者として活躍し、イタリア・フィレンツェのボンデベッキオ橋の近くのスタジオで、プロアスリート、プロダンサー、キッズダンサー、リハビリ等々、老若男女に支持され、マスタ―ストレッチを始めとする、BodyCodeSystemメソッドが親しまれています。
年に数回、イングリッシュナショナルバレエ、ボストンバレエカンパニーでトレーニングも指導しています。
2019年、ピノ・カルボーネ氏はYAGP(Youth America Grand Prix)の審査員、マスタ―ストレッチのメソッドは公式トレーニングにも選ばれました。
マスタ―ストレッチは、イタリアを中心に、ヨーロッパ・ロシア・アメリカ・韓国・日本に指導者を輩出し、ボストンバレエ団、中国国立バレエ団、イングリッシュナショナルバレエ団をはじめ、様々なスタジオに導入されています。

マスタ―ストレッチはどんな方にオススメ?

バレエダンサーがマスタ―ストレッチをおこなっている動画や画像が目立ちますが、元々はリハビリの為に作られました。ですので、老若男女、プロダンサーの方から一般の方まで幅広くお使いいただけます。

まず、特徴なのが、船底の形をした不安定なカタチです。
マスタ―ストレッチを履いてバランスをとるだけで、足裏の約7000個ある、感覚を受け取るセンサーが活性化します。
足裏のセンサーが活性化することで、お年寄りは転倒防止となり、ランナーはとても走りやすくなり、ダンサーやアスリートは地面を感じるチカラが強くなります。
怪我防止またはパフォーマンスアップにもとても役に立ちます。

また、足首を正しく曲げ伸ばしすることで、足首を正しい位置へ導くことができます。
そうすることで、股関節の動きが機能的に動くようになります。

身体の硬い方は、脚の裏側、ふくらはぎ・ハムストリングス、身体の背面がストレッチされ柔軟になります。逆に身体の柔らかい方は、マスタ―ストレッチのムーブメントをするために、筋力が必要となりますので、筋力の強さを鍛えることができます。

よって身体の全体のバランスを整えることが出来るので、姿勢が良くなり、その姿勢を保持することが出来ます。姿勢をもっときれいにしたい、背筋を伸ばしたい という方にはとても良い効果を出すことができます。

背骨と関節をしっかりと動かしていく全身運動となりますので、運動不足の方、座り仕事の方、妊婦さんにもおすすめです。身体の巡りがよくなりますので、むくみにもとても良いです。

足裏とコア、背骨を繋げていくことができるので、ダンサーの方にはとても重要な効果を得ることが出来ます。足の裏で軸を安定させ、身体をしなやかに使うことができます。
また、ダンサーの方は、バンジートーンという器具を使い上半身を鍛えることで、上半身を下半身のつながりをつくり、軸をとり、ジャンプを高く跳ぶことをサポートしてくれます。

マスターストレッチならアランチャ!

スタジオアランチャは東京唯一の、マスタ―ストレッチ指導者を輩出しているスタジオです。(資格コースは月一回のペースで開催)

年に一度、創設者のピノ・カルボーネ氏や現地のマスタートレーナーから、研修を受けており、常に新しい情報や方法で指導しています。また、ピノ・カルボーネ氏と過ごしている時間も長いので、彼の思考回路や考え方、メソッドの特徴を心得ています。

マスタ―ストレッチのトレーニングや指導をほぼ毎日行っているため、マスタ―ストレッチを用いた身体の見方、修正に慣れており、マスタ―ストレッチを用いた指導のクオリティが高いです。

資格コースでは、パーソナルトレーナー、ボディメイクトレーナー、柔道整復師や整体師、バレエの先生、ダンサーなど様々なバックグラウンドの方々とマスタ―ストレッチをしているので、豊富なエビデンスも持っています。

バレエだけでなく、ジャズ、社交ダンスなどの様々なジャンルのダンサーをみてきているのでダンサー指導の経験も豊富です。

マスターストレッチ代表的なムーブメント

1.Balance
不安定な船底の上でバランスをとるので、自分のバランスを探し、足の裏にある約7000個のセンサーを呼び覚まします。
主に足裏・コアを使います。自分がカラダのどこでバランスをとろうとしているかも教えてくれます。

2.Cat
足とコアを繋げ、背骨を屈曲伸展(丸める・反らせる)で使います。また、足首のポイントとフレックスをだし、股関節の屈曲と伸展(折り曲げる・伸ばす)の方向にしっかり使っていきます。
足裏・足首・コア・背骨(屈曲伸展、丸める反らせる)・股関節(屈曲・伸展)・脚の背面のストレッチ・・・とにかく全身運動です。

3.Ostrich
股関節の内外旋(ターンアウト・ターンイン)、足首のフレックスをしっかり踏み出し、脚の背面をしっかりストレッチします。体重移動をしっかりと促し、軸を取りやすくしていきます。アドバンスは、Ostrichをしながら、背骨をツイスト、伸展していきます。全身使っていきます。