クラシカルピラティス

こんにちは!

渋谷・代官山・中目黒
ピラティス・マスタ―ストレッチスタジオ
アランチャの花子です♪

もう2週間たってしまいましたが、
11月15日~17日BESJにより
ピラティスエルダーJay Grimesスタイル・クラシカルピラティス・エデュケーションコース が開催されました!

Jay Grimesは、Joseph Pilatesが行っていたオリジナルのティーチングスタイル「クラシカルピラティス」を忠実に継承しています。今回はそのJayが監修すのロサンゼルスのスタジオVintage Pilatesより、Sandy Shimodaピラティスマスターをお招きし、
1日目リフォーマー
2日目チェア・スパインコレクター
3日間マット 
のスケジュールで行われました。

私は去年LAに研修に行かせていただいているので、2回目のJay’s クラシカルスタイルピラティスの学びの場。
すっかり忘れていた感覚もあり、新しい発見もあり、とても充実した3日間を過ごすことができました。

Pilatesは今、様々な団体があり、様々なスタイルがあります。
今回のクラシカルピラティスを学ぶことで、『Pilatesは哲学』であって、正しい正しくないという概念がないということを、改めて感じることが出来ました。

どうしてもムーブメントの形の正しさを知りたくなったり、間違いを指摘してもらいたくなってしまったり、先生の指摘待ちになってしまいがち。

Sandyは先生の指摘を待つ、人の目を気にしている間は、自分の中の感覚を見つけることはできないと、何度も何度も伝えてくれました。

考えすぎて動きのリズムがゆっくりになってしまいがちでしたら、ひたすら同じリズムで動き続けることの大切さも伝えてくれました。

なによりSandyがとても明るく、誰にでも優しく、否定的なことは言わず、本当に太陽みたいな方でした。

みなさまにもPilatesの良さをもっともっと知ってもらうべく、沢山フィードバックしていきます!!

これからも探求の道は続きます・・・!!

花子