菅原順二

10月28日生まれ・AB 型
東京都出身
法政大学卒(2001)
New Zealand Institute of Sports(NZIS)
Sport Management and Exercise Prescription卒(2003)
株式会社arancia 代表取締役
法政大学ラグビー部ヘッド・フィジカルコーチ(2003-2006)
駿河台大学ラグビー部ヘッドコーチ(2003-2009)
Body Element System Japanディレクター(現)
Golden Age Academyトレーニングディレクター(現)
NESTAテクニカルアドバイザー(現)

全米公認ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(NSCA-CSCS)
Body Element Pilates マスタートレーナー
BodyKeyマスタートレーナー
MasterStretchマスタートレーナー
日本eコーチング協会ベーシックパフォーマンスアナリスト(CBPA)

幼いころからスポーツに明け暮れ、2歳から水泳、5歳から野球を始める。その頃の夢は「原辰徳(巨人軍)」になること。
しかし、小学校6年生の時に父の影響で出会ったラグビー「平尾誠二(神戸製鋼)」に魅せられ、ラガーマンの道を歩み出す。
その後、法政大学ラグビー部でプレーした後、無謀にも「世界最高峰でラグビーがしたい!」と思い。単身ニュージーランド(NZ)へ渡る。
ウェリントンラグビーユニオンのクラブチームOriental Rongotai(2001)、Marist St Pats(2002)で2シーズンプレーする。当時は「ジョナ・ロムー(All Blacks)」との対戦を熱望するが叶わず。
「日本のラグビー界に恩返しがしたい!」と思い、NZISに入学し、ラグビーのコーチング/スポーツマネージメント/トレーニング学を学ぶ。
NZ滞在中からパーソナルトレーナー/フィジカルコーチのアシスタントとして活動を開始し、帰国後、法政大学体育会ラグビー部を軸に、数々のラグビーチームのフィジカルコーチ/アドバイザーも務る。法政大学ラグビー部現役時代も、コーチ時代も「日本一」になれなかったので、いつかはその夢を果たしたい願う。
プレイヤー時代から体幹(コア)の重要性を感じ、また怪我に苦しんだ時にピラティスと出会い、Body Element Pilatesマスタートレーナーの資格を取得する。
また、新しいメソッドを求め、今度はイタリアへ渡る。ピノ・カルボーネ氏を師事し、BodyCode Systemを学び、BodyKey & MasterStrechマスタートレーナーを取得し、日本中に展開を始める。
現在は幼馴染のアートディレクター梅浦康平とONE78を立ち上げ、「日本の子供を熱くする!」ことを計画中。そして、studio aranciaで「日本の大人を元気する!」をコンセプトにトレーナーとして活動中。

体験レッスンの申し込み