ピラティスのページ

美しい姿勢づくり。腰痛や肩こりからの解放。集中力を高めココロとカラダに「気づき(KIZUKI)」を!

ピラティスはこんな方にお勧めです

  • 姿勢の改善、綺麗な姿勢を手に入れたい
  • O脚、X脚を改善したい
  • 最近、流行のコアを鍛えたい
  • 肩こり・腰痛を改善したい
  • 冷えやむくみを解消したい
  • しなやかなカラダとココロを手に入れたい
  • マラソンやゴルフ、ダンスやバレエのパーフォマンスを向上したい

ピラティスの種類

  • マットピラティス
  • マシンピラティス
  • リング
  • ディスクトナー
  • チェアー
  • マタニティピラティス
  • ダンサーのためのピラティス

マット・ピラティス|Matt Pilates

ピラティス
ピラティスは呼吸を重視しながら、ココロとカラダのバランスを自分自身で整えていくメソッドです。 自分で自分を感じ、体の芯(コア・丹田とも呼ばれる腹部のインナーマッスル群)を鍛え、芯から伝わる「力」を使いながら動くことによって、無駄なリキミから開放され、伸びを感じ、機能的でしなやかなカラダを手に入れられます。自分のココロとカラダのバランスを感じとる力「気づき(KIZUKI)」をつけることで、五感が研ぎ澄まされ、体調の変化や怪我のリスクに敏感に対応できるようになります。

【レッスン方法】

グループレッスン、パーソナルトレーニング、資格コース、セミナー

【お客様の声】

F.Kさん 20代 女性
職業:鉄道員

足のむくみや肩こり、あと運動不足をなんとかしたいと考えていたときに雑誌でアランチャを知りました。今はマンツーマンのパーソナルトレーニングに週一回通っています。

スタッフの皆さんのレッスンは丁寧で分かりやすいですし、体の仕組みや動かし方、正しい姿勢など細かく見てもらえます。グループレッスンですと分からないこともそのままになってしまうことが多いので私の場合はマンツーマンレッスンが気に入っています。日頃から自分でも体をほぐせるような動きや体の使い方を学びたいので分からないことはその場で質問しています。

以前は、足のむくみや肩こりが気になるとマッサージに通っていましたが意味がないと感じていました。マッサージを受けた直後は楽ですが、すぐにまた足がむくみ、肩がこりだす。お金ばかり払って何も残らないのは嫌だなあと_自分でなんとかしたいと考えていました。

今では、ストレッチポールや肩の伸ばし方を教えてもらったので自宅でも空いた時間にストレッチを行っています。肩こりも以前より楽になり、日々、体の使い方の知識が増えていくので楽しいですし、普段から姿勢にも気をつけています。祖母は膝を悪くしてO脚なのですが、私はお婆ちゃんになっても美しい姿勢でいられるよう今から準備しています。

マシン・ピラティス|Machine Pilates

ピラティス・マシン2
ピラティスは、レジスタンス(抵抗)を感じながら動くことがとても重要です。
マットワークではそのレジスタンスを自分で作り出さなければなりませんが、マシンワークでは様々な強度のスプリングがそれを自然に作り出してくれるため、ピラティス初級者の方にとてもお勧めです。
また、ムーブメントのレパートリーが大変豊富で、かつ、より不安定な状況下でのコアトレーニングが可能なので、上級者の方にも大変人気があります。

【レッスン】

グループレッスン、パーソナルトレーニング、資格コース

ピラティス・リング

ピラティス・リング

ピラティス・ディスクトナー

ピラティス・ディスクトナー

マタニティ・ピラティス(産前産後のピラティス)Maternity Pilates

マタニティーマシンピラティス

【産前の目的・効果】

  • 身体のバランスを整える
  • 腰痛、ソケイ部のつまり、足のむくみの改善
  • 出産時に必要な呼吸、筋力への意識付け
  • リラクゼーション

妊婦になるとお腹の重みにより姿勢は崩れ、特に腰痛や足がむくみといった症状を感じることが多くなります。身体の動きにくくなった部分に働きかけ、ピラティスでより快適な妊婦生活を目指しましょう。また、ピラティスの呼吸でストレスや不安を取り除き、よりスムーズな出産となるようエクササイズで準備していきます。

【産後の目的・効果】

  • 身体のバランスを整える
  • 出産により開いた骨盤、崩れた姿勢の改善
  • 産後におこりやすい症状(子宮脱や尿漏れなど)の防止

産後の骨盤底筋群は、妊娠中に大きくなったお腹を支えて伸びてしまっていたり、出産時にダメージを受けてしまったりするため、回復が必要です。産後ピラティスでは特に骨盤底筋群の強化に注目し、産後に起こりやすい症状(子宮脱や尿漏れなど)も防止していきます。また、妊娠中に弱くなった腹筋などを鍛えていくことにより、崩れた姿勢、育児により崩れたバランスを取り戻していきます。

【レッスン】

パーソナルトレーニング、セミナー

 

ダンサーのためのピラティス|for Dancer

【目的・効果】

  • 身体のコンディショニング(パフォーマンス向上)
  • 軸の安定
  • 関節の可動域を広げる、コントロールする
  • 柔軟性の向上
  • 怪我の予防、リハビリテーション
  • 腰痛、膝痛などの改善

まずは、必要以上に緊張した筋肉を緩め、身体の中心(コア)や、踊るために必要な筋肉を鍛えて体幹を安定させていきます。また、背骨、肩甲帯、股関節の動きに注目し、より滑らかなムーブメントを目指します。体幹を安定させて四肢をより自由に、そしてコントロールしながら動かすことにより、パフォーマンスの向上、および怪我の予防に大変効果があると言われ、海外では既に多くのダンサーが取り入れています。
身体の仕組、より正しい使い方を理解し、自身の身体をしっかり感じてケアしていきましょう。

【レッスン】

パーソナルトレーニング、セミナー

▶お問合せ・ご予約|mail@arancia78.jp|03-6324-5528